内側からたっぷりアンチエイジング!青汁のチカラ

内側からたっぷりアンチエイジング!青汁のチカラ

アンチエイジングに興味があり、色々と化粧品を試しました。しかしこれでは飽き足らず、私が興味を持ったものがあります。それが「青汁」です。青汁は最近は結構一般層にも普及していて飲んでいる人は多いのではありませんか?この青汁には実は栄養分がいっぱいでお肌にも良いんです。アンチエイジングができるとも言われており、私は興味を持ちました。外側からだけでなく、内側からアンチエイジングを行いたいと思ったのです。
私は最初大麦若葉の青汁を購入して見て飲んで見ました。確かにお肌は若干艶やかになった気がして嬉しかったです。それにすごく口当たりがいい飲みやすさで驚きました。本当に飲みやすくて続けやすいと思いました。ただよく調べて見るとアンチエイジング効果が高い青汁は大麦若葉よりもケールが良いと書いてあるのです。それを見る度に段々とケールの青汁に興味を持ったのです。

 

飲んで見た結論を言います。ケールの青汁はものすごく「不味い」です。臭みがあり、もわっと臭いも広がって本当に飲みにくい青汁でした。しかし確かにケールの青汁を飲んだ方がお肌に良い気がしました。気になっていた肌荒れがちょっとずつ回復して、なんだか肌が目に見えて綺麗になった気がしたのです。不味いだけ効果が高そうだと感じました。

 

肌を老化させるのは活性酸素。これは肌を錆びつかせて老化を促進します。それを止めるのが抗酸化作用であり、これは青汁に含まれる「メラトニン」と言う成分が特に強い抗酸化作用を発揮します。このメラトニンはケールのいっぱい入っているので、ケールが良いのです。不味いのも平気な方は味をぐっと我慢してメラトニンいっぱいのケールの青汁を選びましょう。
それから青汁に入っているビタミンCもシミ予防のために良いのです。若返ったお肌でいつまでもいたいと言うのなら、なるべくこのように青汁で内側からアンチエイジングしておきましょう。外側から作用する化粧品も大事ですが、それだけではなく内側から作用する青汁も飲んでくださいね。外側からも内側からも対処することによりアンチエイジング効果が高まるのです。

 

青汁は若くいられるだけではなく、健康にも良いので健康に不安がある人にも是非使ってもらいたいと思います。私は青汁を飲んでいたら「肌艶いいもんね」やら「肌がキレイになった?」と言われるようになりました。大変嬉しいです。実際に体験しているからこそ、是非皆さんにも青汁の力を実感してもらいたいと思っています。ケールの青汁でキレイを保ちましょう。ケールの味が無理なら明日葉もオススメです。明日葉の青汁は飲みやすくカルコンという成分が活性酸素を除去してくれるのでオススメです。